CENA marriage Top

フィリピン国際結婚・国際法務 / セナ・マリッジ・コム


フィリピン女性と国際結婚をお考えの方に、出会いから結婚まで諸事のサポートをおこないます。
日本事務局と、マニラの法律事務所とは提携し、法務・行政手続きをおこなっています。

フィリピン女性1 フィリピン女性1 フィリピン女性1 フィリピン女性2 フィリピン女性2 フィリピン女性3

フィリピン女性5 フィリピン女性4 フィリピン女性1 フィリピン女性1 フィリピン女性2 フィリピン女性3

フィリピン女性5 フィリピン女性1 フィリピン女性4 フィリピン女性4 フィリピン女性3 フィリピン女性1

あなたに合う女性をオンライン見合いから結婚まで完全サポート

最初から、ご希望女性と1対1の出会い」です。
COVID-19でロックダウン中ですが、オンライン交際できます。

オンラインによる個人対個人のチャット、ビデオトークからスタートです。
SNSなどで、お相手を見つけられた場合も、結婚式や行政手続きの代行をおこないます。

お客さま情報入力
1)ご入会するしないにかかわらず、まずは「お客さま登録」からご自身をご登録ください。
2)お客さま登録は、入管局に「在留資格認定証明書交付」申請できるかのチェックをかねます。
3)現地日本人業者にはご注意ください。かならず全額(一括)前払いを要求し、仕事は未達です。

Skype Interview
オンライン見合いについて
1)ご入会をお決めになったら、契約書をお送りします。ご契約、入会金をお支払い願います。
2)お相手およびそのご両親の了解を得られましたら、スカイプ見合いしていただきます。
3)女性がスマートフォンを所有しない場合は、本人に購入支援(1〜1.5Kペソ)をお願います。
4)通訳が必要な場合は、通訳を含めた3者スカイプをおこないます。
5)マッチングしなかった場合は、ご希望に応じて、後日別な女性をセッティングします。
6)女性を紹介できず、退会を希望された場合は、入会金を返金します。


お支払い方法
契約ついて
ご入会に同意いただいたお客さまには、クラウドサインによる電子契約または、
書面による「業務委託契約書」(見本)を郵送します。ご署名、押印のうえ1通を返送願います。

費用と支払いについて
見合い・婚約費用¥550,000+税をお支払い願います。相手女性の個人情報をお知らせします。
この段階で、女性と個人的にオンライン交際を開始できます。女性変更も可能です。
1)費用とお支払い から費用総額とお支払い方法をご確認できます。
2)お客さまおよび当社の費用負担内訳は、費用の内訳 をご覧願います。
3)お客さまと当会の業務委託契約書は、見本を次ページで確認できます。業務委託契約書見本
4)すでにフィリピン国籍のお相手がある場合、費用は総額¥700,000 + 消費税です。
5)費用には、結婚式と披露宴(30名)費を含みます。

登録女性の身元確認
1)登録女性の身元確認は、出生証明、洗礼証明、各正式証明書でおこないます。
2)その他の身上は、本人・親族の申告によります。
3)持病については、当方では確認できません。ご希望により、健康診断を受ける手配をおこない
  診断結果を提出します。(別料金)
4)身辺・素行調査をご希望の場合は、現地の調査事務所に依頼します。(別料金)

瑕疵(かし)担保責任について
1)万が一、女性の身上につぎの2)項の虚偽申告あった場合、当社は女性の瑕疵担保責任を負い
  支払われた金額の全額を返還します。(オンライン見合い費は除外です。返還できません)
2)シングルマザーであるのに未婚・子供なしと申告していた場合、また夜の仕事に就業しながら
  虚偽の申告していた場合です。

当事者間の問題について
ご婚約、ご結婚後に、ご両人の人間関係が理由で、破局にいたった場合は、当社には免責とします。

人間関係で、破局にいたる原因には、性格不一致、DV、異常SEX、ウソ、貧困、同居家族の問題や
疾病、外国人妻へ日本語や習慣の強要などがあります。これらの問題は、当事者間で解決願います。
破局にいたった後の行政・法務手続、あらたな女性の紹介については、別途、申し受けます。

法令順守について
当社は、法規に基づき県警察本部・公安委員会に「インターネット異性紹介事業」の届けをおこない
規定の審査を経て受理されています。結婚を目的とした女性紹介およびその手続き代行が業務です。
「人身取引」等での利用は、固くお断りします。


Date Image
婚約および婚姻許可証の取得
婚姻具備証明書(独身証明)の発給を、日本大使館(領事館)に申請します。

事前にご用意の書類について
日本大使館(領事館)に提出する書類として次のものがあります。当日は確実にご持参ください。
@戸籍謄本(抄本)1通  A改製原戸籍または除籍謄本1通  B日本旅券(パスポート)

戸籍謄本についてのご注意
婚姻歴ある方は、戸籍謄本(抄本)に婚姻および婚姻解消の事実が記載されている必要があります。
記載がない場合は、記載のある改製原戸籍(かいせいげんこせき)までさかのぼって入手願います。

戸籍情報は、近年、改製(コンピュータ化)されており、元の記載の一部が削除されています。
改製前のデータは、改製原戸籍として保存されていますので、その謄本を得ることができます。

初婚の方で分籍によりご本人が戸籍の筆頭者になっている場合はその戸籍が編成された理由の記載
が必要です。その事実が記載された改正原戸籍謄本または除籍謄本をご用意願います。

婚姻許可証の申請について
日本大使館(領事館)が発給した「婚姻要件具備証明書(独身証明)」を女性の住む地域の役所に
提出し「婚姻許可証」を申請します。手続きや申請は、現地事務局がおこないます。
日本大使館は日本のカレンダーと同じで日本の祭日はお休みです。注意して旅程をお組み願います。

フィリピン・日本大使館: フィリピンにおいて日本人とフィリピン人が結婚するための手続き

Wedding Image
結婚式について
フィリピンでの婚姻は、婚姻挙行担当官と成人2名以上の証人の前で婚姻の宣誓をおこないます。
お二人と証人が「婚姻証明書」に署名、婚姻挙行担当官が認証することによって成立します。

牧師を呼んでキリスト教式の結婚式です。衣装はお貸しできますが、ご自分で用意もできます。
リング交換はありますが、現地スタッフが、仮のものを用意いたします。

レセプション(披露宴)について
レセプション(披露宴)についてはご新婦と相談されて方式をお決めいただきお知らせください。
これら結婚式・レセプションは現地事務局が案内いたします。(費用は30名分まで含まれます)

Reception Image

Visa Image
婚姻証明書の入手と婚姻届提出
婚姻証明書の謄本は挙行地の役所で約1〜2か月後に入手できます。現地事務局は入手後会員さま
に郵送します。会員さまにて、お住いの地域の役所に「婚姻届」を提出願います。
婚姻届には、奥さまの捺印や20歳以上の証人2名は不要です。詳しくは役所にお尋ねください。

あたらしい戸籍謄本の入手
役所に「婚姻届」を出すことによって、戸籍に反映されます。奥さまの在留資格認定には婚姻
事実が反映された会員さまご本人の戸籍謄本が提出書類のひとつです。謄本内容を確認願います。

在留資格認定証明書の申請
奥さまを日本に呼び寄せるには、奥さまに「日本国査証(ビザ)」が必要です。
お住いの地域の 出入国在留管理局 または出張所に「在留資格認定証明書」の交付を受けるよう
会員さまにて申請をします。
申請書、質問書の作成、奥さまの顔写真、提出用写真などはすべて現地事務所から郵送します。
(無料提供、行政書士では、15万円相当かかります)
入管の審査は必要書類の他、収入証明、奥さまとのコミュニケーション(チャット交換のコピー)
送金記録などの提出を求められます。
  法務省 : 在留資格認定証明書交付申請     在留資格認定証明書交付申請書

在留資格認定証明書の郵送と査証(ビザ)発給について
在留資格認定証明書を入手されましたら、現地事務所へ国際郵便にてお送り願います。
以降は、査証取得まで現地事務所がおこないます。取得後、連絡いたしますので奥さまご入国の
準備に入っていただきます。(3か月以内にご入国ください)

Visa Title
Visa application Image

航空旅券・宿泊について
航空チケットやホテル宿泊予約は自費にてネットまたはお近くの旅行代理店でお申込み願います。

HIS Image    Booking Image    tripadvisor. Image

フィリピン航空
フィリピン航空について
7月〜10月は、台風にご注意!その位置や進路予想は、気象庁・台風情報 でご確認できます。
各航空会社・公式サイト「運航状況」より、天候等によるフライトの欠航をご確認ください。

ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)
日本事務局へ、ご利用される航空会社名・便名・到着時間をお知らせ願います。空港ターミナルを
出たところの目標物をお知らせします。空港からホテルへは、事務局車でお連れいたします。


Manila air port

Manila air port
Bay0 Image Bay20 Image Bay17 Image
ターミナル2・BAY

ネットワールド・ホテル ロスマン・ホテル ヘリテージ・ホテル ベイリーフ・ホテル リビエラマンション・ホテル

現地でのアテンドについて
空港ご到着から現地スタッフが随行し、案内と通訳をおこないます。空港ご出立まで、完全随行!
日本円から現地通貨への両替は、現地事務局スタッフが、交換レートのよい店を紹介します。

スマホ・携帯電話について
各社ロゴをクリックすると、それぞれの国際電話の案内ページが開きます。
docomo   au   SoftBank
 
国際送金について
奥さまやそのファミリへ小口で、国際送金する場合があります。お相手の銀行口座へWorldRemit
での送金が便利です。WorldRemit 送金先の銀行口座入力例 実際はWorldRemit公式ページから
入力してください。
WorldRemit logo    TransferWise logo
フィリピンの大手銀行
奥さまには、次の銀行のいずれかに口座を持ってもらいデビット・カード利用をおすすめします。
WorldRemit から口座へ直接送金できます。
BDO logo metrobank logo Landbank logo BPI logo

通貨換算(PHP / JPY)について  画像をクリックすると通貨換算サイトへ移ります。   
Currency

国際郵便について
国際郵便は、速いEMSがお勧めです。マイページサービスで、ラベル(無料)も入手しましょう。
EMSオリジナル封筒(26 x 35cm)は、郵便局で購入できます。(@\50)
EMS Image

オンライン通話・チャットについて
現地でのスマートフォンのインターネット通信が不安定で、ビデオ通話できないことがあります。
ソフトはスカイプ、フェイスブックをお勧めしています。
Skypeダウンロード

日本・フィリピン国際法務(問い合わせは無料)
1)フィリピン人との婚姻の国際法務・行政手続きすべて
2)フィリピン人との離婚承認・婚姻無効・養子縁組裁判
3)フィリピンで出生したお子さまの認知日本国籍取得、フィリピン国籍認証
4)日本在留資格、長期滞在ビザ
5)短期滞在ビザなど
弁護士、行政書士および日本人スタッフが対応いたします。下記フォームよりお問合せください。
フィリピン国際法務・問い合わせ

CENA marriage 日本事務局 (TEL)0574-65-5437 (from overseas) +81-574-65-5437 
               (Eメール)     info@cena-academy.com
               (女性専用入力フォーム) Girls Profile Input
        Skype talk  cena.yoshimura  Skype talk


CENA english







PAGE TOP